乳酸菌が便秘になりにくい体をつくる

つらい便秘、何とかスッキリ解消したいですね。

 

便秘解消と聞いてまず思い浮かぶのが便秘薬ですが、安易に薬に頼るのは避けたいところです。

 

便秘というのは、病気や環境の変化など一時的な要因で生じることもあるのですが、多くは生活習慣や栄養の偏りからくる慢性的なものです。

 

このような種類の便秘の場合は、たまった便を薬を使って出したとしても、その後も何度も便秘を繰り返すことになります。

 

その時は、また薬を使えばよいと考える方もおられますが、これが悲劇の始まりです。

 

薬で大腸を刺激し続けると段々と腸が慣れてきて薬が効かなくなります。そのために薬の量をどんどん増やしていくことになり、薬なしではいられなくなってしまうのです。

 

そして、最終的には大腸メラノーシスなど腸の機能自体に障害が起きて、手術をするしかないということも生じえます。

 

やはり重要なのは、自分で排便できる力を取り戻すということです。

 

そのためには、生活習慣を変えて適度な運動や便秘改善に役立つ食事を摂るようにする必要がありますが、これを続けるのはなかなか大変なことです。

 

それでまずは、乳酸菌を摂取することで腸を元気にすることから始めるなら、とても取り組みやすくて続けやすいのでおすすめです。

 

乳酸菌や乳酸菌の種類の一つであるビフィズス菌は、もともと私たちの腸内に棲息していますが、その数は人によって大きく異なります。このような腸内細菌のバランスは、出産時から人によって違いが生まれているとも言われています。

 

そして、この数が少ないと、腸内に乳酸や酢酸などの酸が生成されず、腸の働きも悪くなってしまうのです。

 

逆に悪玉菌と呼ばれる細菌類が繁殖しやすくなって、腸の内容物が腐敗発酵し、健康全体にとっても悪影響を与えます。

 

それで、体外から乳酸菌を定期に取り入れることによって、少なくなった乳酸菌を増やしてあげましょう。これまでの状況がどうだったとしても、時間はかかるかもしれませんが改善に向かう見込みがあります。

 

乳酸菌は、ヨーグルトやキムチ、漬物類、納豆などの発酵食品に多く含まれます。

 

これらを毎日たくさん食べましょう。

 

いずれも健康に良い食品で薬のような副作用もありませんから、どんどん食べて大丈夫です。

 

また同時に乳酸菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維もあわせて摂るようにすると効果もさらにアップします。

 

乳酸菌を元気にしてたくさん増やし、便秘になりにくいからだをつくっていきましょう。乳酸菌で革命!